おすすめ理由

ジョイントマットが一人暮らしのお部屋に最適な5つの理由

内見

ワンルームや一人暮らしのマンション・アパートで暮らす場合。床に何を敷くかって結構考えますよね。

賃貸のお部屋だと、床はだいたいフローリングやクッションマットが一般的だと思うのですが、これらは家具の重みや、ちょっと硬いものを床に落としただけで、結構簡単に跡や傷がついてしまいます。

それらの対策として、お部屋に家具などを置くときは、ぜひジョイントマットを敷くことをおすすめします。

ジョイントマットは床を保護するだけでなく、クッションや冷え防止など、一人暮らしの生活をかなり支えてくれるアイテムだと思います。

そんな一人暮らし、ワンルームのお部屋にジョイントマットが有効な理由と、敷くときのポイントをご紹介します。

まぽ (S-cait)さんによる写真ACからの写真)

お部屋にジョイントマットが便利な理由

賃貸やワンルームもお部屋で、ジョイントマットがおすすめなのは、以下の理由があります。

家具などによる床のヘコミ、傷防止

一人暮らし、ワンルームだと気になるのは床の傷や、家具の跡ではないでしょうか?

あまりにもひどいと、引っ越すときに修繕費を取られたり、敷金が帰ってこなかったりと、何かとトラブルの元になりがちです。

家具や椅子の下にはジョイントマットを敷いて、傷や跡が付かないように対策をしましょう。

厚みが一般的なジョイントマット(約一センチ前後)なら必要以上に沈み込むこともなく、家具のガタツキも安定します。キャスター付きの椅子も使えますよ。

床に座ったときのクッションに。また防音にも効果あり。

ジョイントマットはフローリングよりもクッション性がありますので、普段床に座る生活スタイルの場合、ほどよいクッションでお尻や腰が痛くなるのを防ぎます。

冬場、コタツ用ラグの下に敷くのも効果的です。さらにそのクッション性から、防音効果もあります。部屋の中を歩くときの振動をやわらげ、階下へ響くのを抑えます。

生活による騒音でトラブルになると気楽な一人暮らしもテンションが下がりますよね。

床の底冷え防止

ジョイントマットは気密性の高いポリエステル素材ですので、床からの冷えをシャットダウンします。

冬場、裸足だとフローリングは結構冷たいですが、ジョイントマットだと冬場も裸足で快適に過ごせます。

さらに、寒い時は窓際に一列立て掛けておくと、窓下からの冷気が部屋に流れてくるのを防ぎます。伴わせて活用してみてください。

掃除が簡単

ジョイントマットは掃除やお手入れが簡単にできます。

ラグやカーペットが汚れた場合は、お風呂場などで押し洗いしなければならず、1.5畳サイズでもかなり大変です。(水を吸ったラグはかなり重いですし)

ジョイントマットは汚れても、ぞうきんなどで簡単に拭き取ることができます。

また汚れが酷い場合も、汚れた部分だけ外して、シャワーで丸洗いなんてことも可能です。マット自体が破損したりしてもそのパーツだけ交換すればよいので非常に経済的です。

おしゃれにレイアウト

ジョイントマットは様々な色や木目調などの柄、また表面がコルクや起毛タイプのものまでありますので、お部屋を自分好みに変える事ができます。

本来の部屋とは全く違う色に変えると、お部屋の印象はかなり変わります。

例えばフローリングのお部屋の中心だけ、畳調のジョイントマットを敷けば、それだけで和モダンなお部屋に変身します。ぜひ楽しくお部屋を演出してみてください。

 

ジョイントマットを敷くときのコツ

では実際にジョイントマットをお部屋に導入した場合、以下の点に注意してください。

コルクマットを敷く時は?

お部屋を温かい雰囲気にするコルクマット、これらを敷くときは、上に家具を置くと不安定になる場合があるので注意してください。

表面がコルク状のせいで、一般的なジョイントマットのより沈み込みにくい性質があります。

見た目や肌触りはとてもいいのですが、家具による床の保護が目的なら、家具の下だけは普通のジョイントマットを敷くなどの対策を行ってください。

定期的に掃除をしよう。湿気を逃がそう

ジョイントマット自体の掃除は簡単ですが、床やジョイント部分にホコリやゴミが溜まりやすいので、定期的に掃除機などでしっかりホコリをとってください。

また床とマットの隙間に湿気がたまる事があるので、掃除のときにはがせる部分ははがして、湿気を逃がすようにしてください。

何もしないでずっと放っておくと、カビやダニの原因になるので注意。

お部屋の一部に敷く場合は、マットがずれないように

お部屋全体や、上に家具を置く場合は問題ないですが、ジョイントマットをお部屋の中心や一部だけに置く場合は、普段の生活でマットは少しずつズレていきます。

そうならないために、マットが滑らないよう、100均などで売っている滑り止めシートなどで、ズレない対策を行ってください。

ズレ過ぎてマットが浮き上がったりすると、怪我や転倒の原因になります。

 

一人暮らしにおすすめジョイントマット

一人暮らし、ワンルームに最適なジョイントマットの一部をご紹介します。

おしゃれな木目調のデザイン

コルクマットはこちらがおすすめ

冬場は温かい起毛タイプも

 

まとめ

教えるよ
まつなが ひでとしさんによる写真ACからの写真)
一人暮らしのお部屋に、ジョイントマットをおすすめします。

マットはフローリングやクッションフロアのヘコミ、傷を防ぐだけでなく、床の底冷え対策、クッションや防音性、お部屋のプチリフォームにも役立ちます。

引っ越して家具を置く前に、ぜひ計画的にジョイントマットの導入をご検討ください。

-おすすめ理由

© 2021 ジョイントマット情報局 Powered by AFFINGER5