未分類

犬の生活にもジョイントマットを

わんこ

室内でワンちゃんを飼っているお宅では、元気に走りまわっているとフローリングで滑ってしまう事があります。

滑って転んでしまうことは犬の身体にとってかなりの負担になります。脱臼やヘルニアなどの原因になる場合も。

またおしっこやペットの毛など、床が汚れてしまったとき、事前にジョイントマットを敷いておけばお掃除は簡単です。

そんな犬の転倒、スリップ防止、また床が汚れた時のお手入れを楽に行うためにも、ペットの生活スペースにはジョイントマットを敷くことをおすすめします。

今回は犬にとってフローリングの危険性と、ジョイントマットのメリット、また犬のためにマットを敷くときのポイントについてご説明します。

さいこっこさんによる写真ACからの写真)

 

フローリングの危険性

犬にとって、ツルツルとすべるフローリングは実は非常に危険です。

フローリングは、

踏ん張ることができない。
足がすべり、態勢をくずしてしまう。
余計な力が体に加わり、関節や筋肉を傷めてしまう。

といった事がおこりやすいため、犬にとっては以下のような怪我をしてしまう場合があります。

 

脱臼

フローリングのツルツル滑る床で態勢を崩してしまうと、元気なワンちゃんは脱臼してしまう危険性があります。

ワンちゃんがフローリングで滑って転んでいたら要注意です。

なるべく早く、フローリングが滑らないよう対策をする必要があります。

 

椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間の椎間板がずれる状態をいいます。

神経を圧迫するので、痛みや痺れ、悪くすると歩行に障害で出てしまう場合があります。

ダックスフントや、コーギーなど、胴の長い犬種に起きやすいとされていますが、犬が無理な姿勢をとったり、転倒やケガなどで背中や腰を痛めることでも発生する場合あります。

元気に走り回っている、つるつるのフローリングに、このような危険が潜んでいます。

 

ペットにジョイントマットが有効な三つの理由

室内で犬を飼われているお宅でなぜジョイントマットが便利な理由は、以下の三つになります。

転倒、スリップなど、ケガの防止に。

犬の転倒、スリップ防止に、ジョイントマットをおすすめします。

マットはEVAという素材で出来ており、また表面にデコボコの滑り止め加工がされているので、犬のスリップ、転倒を防ぎます。

また外の自然な床と違い、フローリングはワンちゃんにとって衝撃が直接足に戻ってくるので負担になります。

ジョイントマットはレギュラーサイズで役1センチの厚みがあり、ワンちゃんの足にかかる負担を和らげます。

ダニ対策。

ラグマットやカーペットなどと違い、ジョイントマットはペットの毛が絡まりにくく、また落ちていてもすぐわかるので、掃除機で簡単に取ることができます。

ペットの毛がたまらないため、ダニの発生を抑えることができます。

防水性

ペットがおしっこをしてしまっても、ジョイントマットは防水性ですので、床に染みることなく、雑巾などでさっと拭けば奇麗になります。

汚れがひどい場合も、マットをシャワーで洗うことができますので非常に衛生的です。

フローリングの床や、ラグマットが汚れるのとは違い、普段のお掃除がとても簡単になります。

 

ジョイントマットを敷くときのポイント

ではジョイントマットでワンちゃんがストレスなく過ごすために、以下のポイントに注意してください。

ジョイントマット自体を滑らないようにする。

ワンちゃんが勢いよくジョイントマットに乗った場合、勢いでジョイントマット自体がズレてしまう事があります。

ずれた場合、やはりワンちゃんが転んでしまう場合がありますので、ジョイントマットの下に滑り止めシートを敷く、裏面をテープで固定するなど、マットが滑らないようにしてください。

また、マットをお部屋全体に敷き詰めれば、ずれることはなく、ペットにも安心です。

床とジョイントマットとのメリハリをつける。

滑りやすいフローリングの床と、ジョイントマットが全く同じ色だと、元気なワンちゃんは違いに気づかず滑ってしまう事があります。

ジョイントマットを敷く場合、床の色とは違う、分かりやすい色のマットを敷いてください。

滑る部分とマットの部分を分かりやすくすることで、ワンちゃんが転んでしまうのを防ぐことができます。

サイドパーツがあるものを選ぶ

ジョイントマットは縁を隠すサイドパーツがあるものを選んでください。

マットのデコボコ(ジョイント)部分に足を引っかけてしまう可能性があります。

また、ジョイント部分にホコリなども溜まりやすくなります。

 

犬との暮らしのために

フローリングのお部屋で犬と暮らすときに、ジョイントマットは便利です。

特に滑り止め、転倒防止に効果がありますので、ケガのリスクを減らすことができ、脱臼やヘルニアからワンちゃんを守ります。

また防水性ですので、汚れてしまっても簡単に拭き取ることができ、パーツごとに外すことができるので、汚れた部分だけ水洗い!なんてこともできます。

いつも清潔に保てるので、ダニの発生も抑えられます。

敷くときの注意点としては、マット自体が滑らないようにする。フローリングとマットの違いがわかりやすいように、色にメリハリをつける、サイドパーツがあるものを選ぶ、といった点に注意してください。

フローリングで飼われている犬の安全のために、ぜひジョイントマットをご活用ください。

-未分類

© 2022 ジョイントマット情報局 Powered by AFFINGER5