ジョイントマット紹介

大判で厚手のジョイントマットはこれだ!!おすすめ3選

これだ
ジョイントマットには通常より大きなものや、厚みがあるものもあります。

大判サイズだと1枚で広範囲に敷くことができ、厚みがあるとよりクッション性が増します。

今買えるジョイントマットの中で、一番大きくて厚みのあるジョイントマットはどれくらいになるのか?ちょっと気になりませんか?

今回は、ジョイントマットの中で、最高に大判で、極厚のものを調べてみました。

また、大判で厚みのあるジョイントマットの中でもコスパの良い、おすすめジョイントマットも3つご紹介します。

さらに大判ジョイントマットを使うときの注意点についてもご説明します、お部屋にいることが多いこの時期、マットを賢く使って、おうちでの生活を少しでも快適に過ごしたいですね。

大判サイズと標準サイズ、そして厚手

最初に一般的なジョイントマットのサイズについてご紹介します。ジョイントマットを購入するときの目安にしてください。

せっかく購入しても、標準より小さかったり、厚みが無かったりしたらガッカリですよね。

標準サイズ

まず一般的なジョイントマットは

大きさは30センチ前後、厚み1センチ前後

となります。

ですので、これより大幅に小さい、または薄いものは、いくら安くても購入を控えた方がいいと思います。せっかく買っても肝心のクッション性が無かったら、ショックですよね。

大判サイズについて。

大判サイズは様々な大きさのものが出ています。一般的には

45センチ〜60センチくらい

のものが大判と呼ばれています。

一枚で広範囲に敷けて、ジョイント部分も目立たず、便利です。

厚手のジョイントマット。

厚手のジョイントマットは一般的に

2センチ以上のもの

が厚手と言われています。

通常の倍の厚みがあるので、お子様や高齢者の転倒時のケガ予防などに使う場合、効果を発揮します。またリビングに敷いて床にごろ寝なんてのもおすすめです。ほどよいクッションが体をサポートします。

 

一番大きい、一番厚手のマットはこれだ!

では、いま現状ネットで買える一番大きい、一番厚手のマットをご紹介します。

現状、ネットで買えるもので、一番大きく、厚みがあるのはこちらでした。なんと、サイズは100センチ、厚みは4センチもあります。

ここまで厚みがあると、軽い運動や試合などにも使えます。

もちろん、お子様や高齢者の転倒時のリスクをかなり下げることができます。

お子様が飛び跳ねても、かなりの衝撃を吸収しますので、階下への防音対策にもバッチリ。

究極の安全性を求めたいなら、このマットですね。

 

おすすめ厚手大判ジョイントマット3選

では次に、使い勝手が良くサイドパーツが付いているなど、当方がおすすめする大判で厚手のジョイントマットをご紹介します。

こちらはリビングにちょうどいい3畳セットになります。サイズも58センチと大判サイズ、厚みもしっかり2センチあります。ふちのジョイント部分をカバーするサイドパーツももちろん付いてます。おすすめ。

 

こちらは落ち着いた木目調でサイズは59センチ 、厚み2センチ3畳サイズです。もちろんサイドパーツも付いてます。さらに靴下でも滑りにくい加工がされていますので、特にお子様や高齢者に使うマットとしておすすめです。

 

大理石模様なんでどうでしょう?夏場はお部屋を明るく、涼しげな印象を与えます。床の色をガラッと変えることで、プチリフォーム感が増します。

こちらも 59センチ、厚み2センチ、サイドパーツ有り、三畳用と、しっかりとしたサイズ感です。

以上、おすすめマット3選でした。

 

大判、厚手ジョイントマットの注意点

普通のジョイントマットと同じように敷こうとすると、思わぬところで引っかかる場合があります。

ドアの開閉を妨げる場合がある。

厚手のジョイントマットを敷く場合、ドア付近でマットが引っかかってしまう場合があります。通常の1センチ前後の厚みだと、普通に開閉できていたのが、厚手にしたらドアに引っかかってしまったといったことがよくあります。

対策としては、購入前にドアと床の隙間を測る、またはドアの開閉する面にはマットを敷かずレイアウトする、などを行ってください。

掃除がちょっと大変。

通常サイズだと、マットの床を掃除するときは部分的にはがして掃除できますが、大判サイズだと、マット一枚が大きくなるので、ちょっと掃除が大変になると思います。

ですのでホコリやゴミ、湿気がたまりやすい場所での使用を控えるか、敷いているマットの偶数枚目、奇数枚目、と掃除するごとに分けて、計画的に行ってください。

 

まとめ

まとめガール

大判サイズのジョイントマットは1枚で広範囲に敷けて便利ですよね。

さらに厚みがあるものはお子様や高齢者の転倒時のリスクを軽減し、私達の生活を少し、気楽にしますね。

現在購入できる大判サイズのマットで一番大きな物は100センチあり、厚みは4センチもありました。

一般的なジョイントマットを購入する場合は、ジョイント部分にゴミがたまるのを防ぐ、サイドパーツがセットになったものがおすすめです。

ただ、あまり厚手のものだと、ドアに引っかかったり、一枚が大きすぎると、掃除のとき大変だったりするので注意が必要です。

巣ごもり生活が続きますが、ジョイントマットなどのアイテムを使い、お部屋での生活をすこしでも快適にしていきたいですね。

-ジョイントマット紹介

© 2021 ジョイントマット情報局 Powered by AFFINGER5