おすすめ理由

ジョイントマットの暖房効果について

こたつ犬
annaさんによる写真ACからの写真)

ジョイントマットは転倒防止、衝撃吸収など、さまざまな場面で活躍しますが、その一つに暖房効果の高さがあげられます。

特に底冷えを防ぐ点では、薄いラグマットやじゅうたんよりも効果が高いといえます。

ということで今回はジョイントマットの暖房効果について解説てみたいと思います。

フローリングの底冷え

冬場のフローリングは畳などと比べてもかなり冷たいと思います。

特に2階以上のアパート、マンションにお住いの方は、階下に住人がいなければ、床からの寒さはより一層冷たく感じるのではないでしょうか?

冬の寒さ対策として、フローリングにじゅうたんやラグマットを敷いているお宅も多いかと思います。

毛並みのふわふわしたラグマットは、一見暖かそうですが、その下に直に座っていると、フローリングの冷たさが数分でお尻に伝わってくる、なんてことがあると思います。

ラグは一時的には暖かいですが、床からの断熱効果、底冷えに対してははあまり期待できません。

見た目はおしゃれで毛並みが暖かい感じがしますが、暖房効果はすこし物足りないと思います。

 

ジョイントマットの断熱効果

ジョイントマットは気密性の高いAVS素材で出来ていますので、床からの冷気を完全にシャットダウンします。

ラグマットやじゅうたんは、繊維の隙間から冷気が流れてきてしまいますが、ジョイントマットは冷気を全く通しません。

ぜひ一度お試しいただきたいのですが、ジョイントマットを敷いたリビングでは、そのクッション性と断熱性から、お部屋での生活が非常に快適になります。

特にカーテンの直下は窓からの冷気がカーテンの隙間から流れてきて寒いですよね。

そんなときにもカーテンの下にジョイントマットを敷くだけで、窓の下から流れてくる冷気が、冷えやすいフローリングを直接冷やすことがなくなりますので、窓からの寒さをずいぶん抑えることができますよ。

お部屋全体に敷けない場合は、そういったピンポイントで敷くだけでも、ずいぶん暖かく感じますよ。

 

ジョイントマットの注意点

ラグマットや絨毯なら問題ないですが、床暖房のあるお部屋ではジョイントマットは熱も通さないため、床暖房効果をうまく得られない場合があります。

また長時間高温にさらされると、ジョイントマットが熱で変形してしまう恐れがありますので注意してください。

床暖房のあるお部屋には、耐熱表記のあるジョイントマットか、熱を通しやすいラグマットや絨毯がおすすめです。

 

まとめ

ジョイントマットは気密性の高いAVS素材でできておりますので、床の冷気を通しません。クッション性もあり、防水性もあるので、特にリビング、キッチン、脱衣所などで効果を発揮します。

ただし、床暖房のお部屋ではその熱も通さないので注意してください。熱で変形してしまうこともあります。

冬に足元が寒いと感じたら、ぜひ一度、エコなジョイントマットをおためしください。

-おすすめ理由

© 2021 ジョイントマット情報局 Powered by AFFINGER5